ホームページ制作メイン
> >

ホームページをスマホ化するときに注意すべきユーザビリティー

ユーザービリティーとは

ユーザービリティーは使いやすさのことです。スマホのような小さな画面の端末の場合は、ユーザービリティーがとても大切です。使いにくいサイトとは以下のようなサイトのことです。

  • ページの表示が遅い
  • 見たい情報が見つかりにくい
  • 文字ばかりで読みにくい(画面が小さいので文字ばかりだと嫌気がさします)
  • ナビボタンやリンクが小さくてタップしにくい、などなど。

大切なのは満足させること

スマホ版のホームページでもPC版のホームページでも大切なことは、当たり前ですが、サイトに訪れたお客様が訪れた目的を果たすことです。それは知りたい情報を知ることであったり、資料請求することであったり、人によって目的は違いますが、それらの目的をスムーズに達成させ満足してもらうことです。

読み込みに時間がかかると検索結果で上位に上がらない

PCで使っている高解像度の画像をそのまま使用したり、複雑なプログラムをくんでしまっていたりして、スマホの細い回線では表示が遅いサイトをよく見かけます。グーグルは、ホームページの表示速度が遅いページよりも早いページを検索エンジンで上位表示すると明言しています。それぐらい表示にかかる時間は重要なことなのです。

情報の取捨選択

PCのホームページと違ってスマホの画面サイズは限られています。そのため掲載する情報量も減らさないといけません。もしもPCのホームページと同じ量の情報をスマホに掲載すればごちゃごちゃになって、ユーザーは離れていってしまうでしょう。絶対に見てほしい情報以外は省略することも大切です。

今日のまとめ

スマホのホームページはPCのホームページのようにマウスをさくさく動かしていろんなページを読んでくれるお客様が少ない傾向があります。そのためユーザービリティー(使いやすさ)の向上が必要です。表示にかかる時間を短くしたり、情報量を減らしたりしながらお客様の満足度を高めましょう。

お問い合せ

お電話( 050-1561-2469 )またはこちらからお気軽にお問い合せ下さい。

人工知能社会についての講演・セミナー行っています

当社代表の友村 晋は人工知能ビジネスアドバイザーとして、セミナーや講演活動を行っています。過去の事例

Copyright(c) since 2007 集客師:友村 晋公式ホームページ All Rights Reserved.