ホームページ制作メイン
> >

スマホ用ホームページの下部はこれで決まり!

フローティングメニューとは

フローティングメニューとは、スマホでホームページをみたときに、どこまでスクロールしても常に表示されたままのボタンのことです。主に上部、下部で使われます。 前回のコラムでは上部のメインメニューについて触れました。今日は下部のフローティングメニューについてです。

下部のフローティングメニューは多くて2つまで

フローティングメニューとは、スマホでホームページをみたときに、どこまでスクロールしても常に表示されたままのボタンのことです。主に上部、下部で使われます。

前回のコラムでは上部のメインメニューについて触れました。今日は下部のフローティングメニューについてです。

下部のフローティングメニューは多くて2つまで

上部でメインメニューがあるのに下部にもごちゃごちゃメニューボタンを置いてはいけません。ましてやフローティングなので常に表示されているボタンです。そこでここには多くても2つまでしかボタンを置いてはいけません。

そしてその2つは、サイトのコンバージョンメニューにしましょう。コンバージョンメニューとは、そのサイト自体が存在する理由といっても良いほど、一番大切な(一番お客様に反応して欲しい)メニューのことです。

一例をあげます。こちらはyamaoka-law.jpの画像です。弁護士のホームページですがリニューアル後、お客様からの問い合わせは10倍になりました。ご覧のとおり2つだけボタンを用意しています。

用意する2つのボタンは、このホームページで一番お客様に反応して欲しいメニューということで、無料相談ボタン、電話をかけるボタンになります。

物販の場合は、商品一覧ボタン、お問合せボタンなどです。リフォーム業などは資料請求ボタン、電話ボタンなどです。ビジネスによって大切なボタンは様々です。

上にもどるボタンも忘れずに

さらに細かいことですが、ページ上部にもどるというフローティングメニューも忘れないようにしてください。

今回の画像で言うと右下にある丸い画像のことです。このボタンが無いと下までスクロールし過ぎたお客様は、上までもどるたびに指をたくさん動かさないといけなくなりストレスです。

まとめ

フッターのフローティングメニューは2つまでにしましょう。その2つは、ホームページで一番大切なボタンを用意してください。次回は、スマホで画像を表示するときの拡大ボタンの重要性についてです。

お問い合せ

お電話( 050-1561-2469 )またはこちらからお気軽にお問い合せ下さい。

人工知能社会についての講演・セミナー行っています

当社代表の友村 晋は人工知能ビジネスアドバイザーとして、セミナーや講演活動を行っています。過去の事例

Copyright(c) since 2007 集客師:友村 晋公式ホームページ All Rights Reserved.